2018年7月21日 (土)

発表会の選曲中です


埼玉県朝霞市のピアノ教室 講師・金田陽子です。


久しぶりの更新です。


1月に事故で亡くなった父のことで、弁護士との打ち合わせがあったり、加害者が裁かれる刑事裁判に被害者参加する予定なので、検察庁の担当検事と話したり、実家の片付けに追われていました。



何より 心身ともに疲れて、モチベーションが上がらなかったのです。



ピアノレッスンをキチンとこなすことだけに集中していました。
(ひとつだけ 失敗をしたんですが…汗💦)



現在は、11月下旬の発表会の選曲をしています。





あの曲がいい!…と思っても、楽譜が多過ぎて、その曲が入ってる楽譜が見つけられないということがあって、記憶力も落ちたんだな〜とショックを受けたり、いろいろあります。



でも、生徒さん達の笑顔に癒されている毎日です。



息子までもが優しくなってしまって…。(もとから優しい子でしたが。)



うれしいのですが、息子に気を使わせてしまっているんだなと反省しています。



あれ(父のこと)も、これ(ピアノレッスン)も、それ(家事)もいっぱい いっぱいで、ツラくて泣いた事もあり、息子はそんな私を見たあとから、洗濯干しを手伝ってくれるようになりました。



ダメ母です。。。。



家の中は少し?散らかってますが、息子とふれあい、最低限の家事をして、発表会の選曲に集中しています。(もう少しです!)





そうそう、ずっと実家に置いたままになっていたカップ&ソーサーを持ってきました。




↑ ヘレンドの「ヴィクトリアブーケ」です。



飾っておいても仕方ないので、使うことにしました。



学生時代から少しずつ、買いそろえていったカップやプレート、ティーポットなどがたくさんあります。



実家から持ってきた大量のティーセットを見た夫に「こんなに何種類ものカップやお皿はいらないでしょう?」とあきれ顔で言われてしまいました。



男性だって、いろんな物を集めているでしょう?



美しいブランド食器コレクションは、女のロマンです。(← ホントかよ?…苦笑)



父のことがあってから、ひとつ買ったものがあります。



↑ イギリスの民家の形のティーポットです。(画像はお借りしました。)



夫には内緒で、まだ 箱にしまってあります。
(もちろん、自分のお金で買いましたよ、笑。)



秋には、新しい形(家)のポットが発売予定です。
(私は買いませんが、おススメです。)



では、また明日paper






2018年6月13日 (水)

ジョエル・ロブションのランチ


埼玉県朝霞市のピアノ教室・講師 金田陽子です。



先日、ランチ付きのセミナーに行って来ました。



恵比寿の三つ星レストラン「ジョエル・ロブション」です。



繊細なお味で、絶対に家庭では出せない味付けでした。



あまり期待していなかったのですが、とてもおいしかったです。




↑ 3階の「ヴェルサイユの間」です。























パンは食べ放題でしたが、写真を撮り忘れました。



以前、ディナーを食べた時は、デザートも食べ放題で、宝石のようなデザートに興奮したのですが、



今回は、さすがにセミナーランチなので、デザート食べ放題ではありませんでした。



器も素敵でしたが、魚料理も肉料理もとてもおいしくて、



まさに「いろいろな味のハーモニー」に感激しました。



全てに「妥協を許さない こだわり」を感じました。



私の仕事も、そんな「こだわり」を持って、生徒さん達を暖かく包むレッスンをしよう…と思いながらお店を出ました。






今回も音楽の話題がなくてごめんなさい。



まだ、書く気持ちになれないので、もう少しあとになります。



では、また明日paper

2018年6月10日 (日)

久しぶりの外出


ピアノ講師の金田陽子です。


すっかりご無沙汰してしまいました。



2ヶ月以上、ブログを更新しなかったのは初めてのことです。



年度変わりは何かと慌しいのですが、今年度は父の納骨を済ませ、



事故のことで弁護士と話したり、



必要書類に記入したり、



警察に出向いたり、



加害者の今後のことを知りたいので、検察庁に電話して担当検事と話したり、



相続のことや、荷物の整理などもありました。



まだ、何も終わっていません。



解決するまで時間がかかるそうです。



イヤなことは早く忘れたくても、弁護士と話したり、書類を書いたりすると、記憶がよみがえって、



気持ちがどんよりしていました。(もうすぐ5ヶ月になるのに。)



ピアノレッスンは「癒される時間」です。



音楽関係のセミナーに誘われたので、久しぶりに出かけてきました。



場所が、恵比寿の三つ星レストラン 「ジョエル ロブション」だったので…。





21世紀の女性の生き方セミナーでした。














ためになる話だったし、ご一緒した方々も楽しくて素敵なかたばかりでした。



でも、写真の私は、目が死んでいます(苦笑)。



心から笑えなかったです。



そんなこともありますね!!





ロブションのお砂糖です。



ランチ付きセミナーだったのです。



食事の写真は 次のときに載せますね。



では、また明日paper

2018年3月28日 (水)

新年度のレッスン


埼玉県朝霞市のピアノ教室 講師・金田陽子です。



4月から新年度が始まり、ピアノのレッスン時間も変更になります。



春は生徒さん達も、ウキウキしていたり、たくさん遊び過ぎて眠そうだったり…とさまざまです。



でも、みんな、この1年間で成長しました。



私の力ではなく、生徒さん達が自力で成長していったのです。



私は、少しだけきっかけをあげただけです。



もうこんな曲が弾けるようになったんだなぁ〜と感心することもしばしば…。




4月からの入会希望のお問い合わせもいただいています。



満室に近い状態ですが、時間が合えばレッスンしてあげたいです。



新しい出会いを大切にしていきたいです。





↑ 東京・目黒川の桜

(写真の才能がなく、綺麗に撮れませんでした。)


満開でとても綺麗でした。



レッスンで生徒さんに渡す楽譜を考えながら、桜を見ていました。



楽しいことがたくさんある春です。



皆さんも元気にお過ごし下さいね。



では、また明日paper

2018年3月23日 (金)

父の死 ④ 〜学んだこと


ピアノ教室 講師の金田陽子です。



春休み、新年度を間近に控え、生徒さん達の表情は明るいです。



春ですものね〜。


diamond diamond diamond diamond


さて、もう今回で「父の死」から離れたいと思います。



父の死後、感じたことは、



父の身の回りのものがスッキリしていたことです。



男性ですから、当然 衣類でも靴でも 女性のようにたくさんいらないと思いますが、



モノの多い私は 感心してしまいました。



父の遺品よりも、実家に置いてある私の物の方が何倍も多いのです。(猛省sweat01 )



貯金などもしっかりしていて、お料理上手で、前向きで、生きる気マンマンな父だったので、



急に人生が終わってしまい、無念だろうと思います。



私は反省し、いよいよ実家にある私物を全部処分しよう…と決心しました。



父の分まで 前向きに、そして 美しく生きなければ…。



買い物大好きなクセは、母に似たんですが、



捨てずにとっておくクセも母に似てしまい、



小学校の習字道具も、小、中、高で使ったリコーダーもとってありました。



幼稚園時代の絵も取ってありました。(もちろん小学校時代のも。)



大学時代のノートまで取ってあるって普通なんでしょうかね〜。



中学、高校、大学、社会人の数年間に書いていた日記帳もあって、



懐かしいのですが、まだ未来に向かって前進しているので、捨てようと思います。



デジタル化して取っておけば?…なんてことを言うかたもいますが、



思い出は心の中にあるので、処分します。



昔、母は「いつどこで倒れて病院に運ばれてもいいように、綺麗な下着を身につけていなさい。」



と、言っていたのですが、



父は、「いつ何があってもいいように 必要な物だけを持っていなさい。」



ということを実践して逝きました。



私はダメダメな人間です。



一生、物を買わなくてもいいほど持っています。



いつも父から「おまえは、のんびりし過ぎてるし、物を買い過ぎる。」と言われていました。



今こそ、きちんとしようと思います。



父の言葉を思い出しながら、断捨離します。



「父の死」は終わりです。



相続の手続きや、保険会社との示談交渉はこれからですが、



専門家に任せたので、私は 父にも自分にも恥ずかしくないように身の回りを整理します。



暗い内容のブログを読んでくださり ありがとうございました。



次回からは、また普通の⁈ ブログに戻ります。



では、また明日paper

2018年3月22日 (木)

父の死 ③

ピアノ教室 講師の金田陽子です。



「父の死 ②」の続きです。



音楽と関係ない暗い話題ですみません。



でも、この2ヶ月間、友人にも知人にも父のことを言えませんでした。



葬儀は家族葬でしたし、



友人から誘いを受けたり、出産のお知らせを受けたりしても、



父のことを話すのをためらってしまいました。



泣かずに話せる自信もなかったし、



状況を説明するのも面倒で、誰とも口をききたくなかった…というのが本音です。



新聞に載ったので、ご近所中に知れわたり、



お悔やみの言葉をいただいて、ありがたかったですが、



父は全く悪くない…と言わないと気が済まなくて、



そんなことも面倒でした。



交通事故に強い弁護士事務所を探しました。



3〜4件、問い合わせて親切な対応をしてくれるところを見つけました。



署名するもの、戸籍など そろえる書類がたくさんありましたが、



あとは弁護士の先生にお任せしています。



「死人に口なし」で、被害者(父)が悪く言われることのないよう、



進めてくださっています。



いろいろ調べたり、話を聞いたりしてわかったこと、



それは、「命の値段は安い」ということです。



示談交渉は民事ですが、刑事事件で加害者が裁かれるとき、



父が悪く言われたりすることは避けなければいけなせん。



「父の死 ④」に続きます。



では、また明日paper







2018年3月21日 (水)

父の死②


ピアノ講師の金田陽子です。



生徒さん達の 新年度のレッスン時間が決まりました。



引っ越しで退会されたかたもいますが、4月から新入会の生徒さんもいます。



新たな気持ちで、頑張って指導していきたいと思います。


diamond diamond diamond diamond



「父の死 ①」の続きです。



その日は、晴れていて、道路に積雪などもありませんでした。



見通しの良い道路です。



歩行中の父は、店舗の駐車場から 一般道路にでるために右折しようとした車にぶつけられ、



右側後輪に巻き込まれました。



警察からは まだ明確な場所を聞かされていません。



救急車で運ばれた大学病院の先生からは「苦しまずに逝ったことが せめてもの救い。」



と言われたそうです。(姉からの話です。)



事故の知らせを受けた日は、悲しみはもちろんですが、



さまざまな思いや考えが頭に浮かび、一睡もできませんでした。



次の日、父に対面して、姉から死亡診断書のコピーをもらったとき、



悲しみというより、怒りの感情がわきました。


[直接の死因] 肝臓損傷、胸部外傷(打撲)


[その他 ] 顔面打撲、両下肢打撲、骨盤骨折、右上腕打撲傷



なぜ、駐車場から右折して出る車が、歩行者にこんな傷を負わせるのか??



と、疑問と怒りでいっぱいでした。



前方不注意に加えて、スピードも出していたんだと思います。



父に対面して、少しほっとしたことは、顔面打撲はあっても 縫うような傷がなかったことです。



帰宅してすぐに、「弁護士に依頼しよう。」と決心しました。



交通事故に強い弁護士を探すことを始めました。



「父の死 ③」に続きます。



では、また明日paper

2018年3月20日 (火)

父の死①

ピアノ講師の金田陽子です。


ずいぶん長い間、更新ができませんでした。


ここ2ヶ月くらい、ピアノレッスンに集中していました。



実は、1月下旬に父が亡くなりました。



親が亡くなること…私も結婚して子どもがいる身なので、



特にめずらしいことではないでしょう。



でも、その日は突然でした。



歩いて数分のお店に買い物に出て、



歩いていただけなのに、意味不明な車に巻き込めれる交通事故。



即死でした。



警察で遺体と対面した姉夫婦には、かなりショッキングな出来事だったようです。



100対0 で加害者が悪いとのこと。



翌日の新聞に掲載されたので、近所で知らない人はいません。



あと1分、歩く時間が遅かったら 事故にあわなかったでしょう。



運命のようなものを感じます。



葬儀も四十九日法要も終えました。



でも、私達家族は落ち着くことはありません。



これから、保険会社との示談交渉が始まります。



この2ヶ月、いろいろなことを考えさせられました。



「父の死 ②」へ続きます。



では、また明日paper

2018年2月18日 (日)

スケートの曲〜ショパンのバラード 第1番


埼玉県朝霞市のピアノ教室 講師・金田陽子です。



オリンピック、男子フィギュア スケートで羽生結弦くんが金メダルを取りましたね。



↑ おめでとうございます。




羽生結弦くんが ショートプログラムで使った曲は、ご存知だと思いますが、ショパンの「バラード 第1番」でした。




まわりの音楽関係者(ピアノ講師・ピアニストなど)は、感動もしたし、懐かしくもあり、



楽譜を引っ張り出して また弾いてみた。



…と言っていました。




それほど 素敵な曲です。



ショートプログラムの音楽は、時間の関係でとても、とても短くなってしまっていたのが残念でしたが、



スケートの演技は最高でした。




ショパンのバラード 第1番(通称 バラ1) は、8〜9分くらいの大曲です。




難易度も高いですが、とても美しい曲です。



(私も ピアノ講師 1年目の講師演奏で弾きました。)



中学時代は毎日、5回は聴くほど大好きな曲でした。




クラシックに詳しくないかたでも、親しめる曲です。

https://youtu.be/Ce8p0VcTbuA

↑ ツィメルマン(ツィマーマン)演奏



https://youtu.be/b6VxVmt6UOA

↑ ルービンシュタイン 演奏



是非、聴いてみて下さい。




↑ 参考までに ショパン関連の書籍(一部 ですが…)




では、また明日paper






2018年2月12日 (月)

忙しい時ほど きちんとした食事を!


埼玉県朝霞市のピアノ教室 講師・金田陽子です。




4月から進級する生徒さんが多いので、レッスンの時間割を全て見直しています。



幼稚園から小学校入学。


低学年から高学年に進級など、さまざまです。


私(講師)の作業はパズルのように複雑です。


習い事が多い生徒さんは、時間調整が大変ですが、頑張って変更します。


個人的なことでは、息子の「2分の1成人式」があります。


実家での仕事もあるので、ドタバタとして休む時間がありません。



食事はしっかりとって、乗り越えようと思います。




↑ チキンのトマト煮 と マリネ





↑ たらのソテー と サーモンのサラダ






↑ イベリコ豚のソテー と モッツァレラと干し柿のサラダ






↑ チキンソテー と レタスのサラダ と ポトフ




2月は息子の誕生日。



某 レストランで、バースデイ パンケーキのプレゼントがありました。↓





食べ物ブログになってしまいました(苦笑)。



ハードスケジュールを乗り越えるには、睡眠とバランスのとれた食事が大切です。



お菓子など 味の濃いものが食べたいのですが、「冬太り」は避けたいので、工夫&我慢です。



子育てとピアノレッスン(仕事)…なかなか大変です。



では、また明日paper

«すごい雪でした